スーパーTLO技術移転サイト
Seeds-info
Tech-Biz
Matching
Education
知的財産入門編
International
Resources
About us

利用規約
学会発表と特許出願の関係

「section1 特許を取得できる発明とは」の項で述べたように、新規性を喪失した発明はもはや特許を受けることができないのが原則です(特許法29条1項各号)。
しかし、一定の要件を満たす場合には、特許を受ける権利を有する者が自ら招いた原因により新規性を喪失した場合でも、新規性を喪失した日から6ヶ月以内に出願をすれば、新規性を喪失しなかったものとして取り扱われる場合があります(特許法30条1項、3項)。

一定の要件とは、下記の4つの場合です。
新規性喪失の例外
研究者にとって、重要な新規性喪失の例外は、3.の研究集会における発表ということになるかと思います。
研究集会における発表の注意点
 
戻る   知的財産入門編トップ   次へ