発明情報

提携大学から出てきた発明情報をご紹介しています。
この他にも、提携大学からは沢山の発明・技術が生まれています。
ご関心ある技術がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご興味ある方はお気軽にご連絡くださいませ。

075-761-7680

>>お問い合わせ

土木・建築
2017年6月28日 現在
No 更新日 発明名称 発明者 出願番号(出願日) 発明概要
U701
2016/1/25
流速計測システムおよびプログラム 山上路生(京都大学) 特願2015-219306 位置情報を利用することで、自律的に水中で相対静止しながら測定を行う潜水艇型流速測定装置です。
U621
2014/6/27
座屈ブレース 中島正愛(京都大学)他 特願2014-001862 本ブレースは、①小さな変形から地震エネルギーを効率的に消費でき、②従来鋼を用いたブレースの2倍の変形でも破断しない。さらに③ブレースの剛性を任意に選択でき、大変形が生じても適度な剛性を保つ、という特徴をもつ。本発明を用いることにより、より安全性の高い建築物の提供が期待できる。
U168
2009/12/24
入れ子フレーム構造体 小林正美(京都大学) 特許第5283137号 井桁状のフレームを組み合わせた鉛直・水平荷重に強い自立構造体
U217
2009/11/11
耐震構法、耐震構造体および耐震家屋 河田恵昭、川瀬博(京都大学) 特許第5166217号 安価に、居ながらにして木造家屋の耐震補強が可能な工法です。
U073
2005/8/22
移設可能なブレース及びブレース取付方法 渡邊史夫 (京都大学) 特許第4594826号 "関西TLO先願特許(特許第3541186号)の改良発明 ブレースを移設可能とした。"
167
2001/9/22
ブレース及びブレース取付け方法 渡邉史夫 (京都大学) 他 特許第3541186号 【企業との共同出願・非独占】【実施契約を締結している企業があります】建築物の耐震性を向上させる目的で設置するブレースであって、両端に取付部を設け、ブレース本体に伸長付勢機構を取付けたもの。