事業内容

研究の事業化プロデュース

大学の研究成果を事業化までプロデュースします。

関西TLOは、大学の研究成果(知的財産)を活用して新規事業を創出したいとお考えの企業様に対して、研究成果の実用化・事業化に至るまでの様々な支援を行っています。具体的には、関西TLOが提携する京都大学、九州大学、和歌山大学、京都府立医科大学などの研究成果を対象とし、企業に対する研究成果のご紹介、事業化プラン策定のお手伝い、実施許諾契約のご提案、実用化に向けた共同研究のコーディネート、川上企業・川下企業のマッチングなどを行っています。大学の研究成果の事業化をプロデュースすることにより、数多くの大学発新規事業の成功事例を数多く生み出しています。

【 一般的な技術移転の例 】

一般的な技術移転の例

ケース@
オプション契約(有償)を締結し、一定期間(6ヶ月以内)に
発明内容を企業において評価していただきます。
その後、企業において有用と判断された場合に、 実施許諾契約(有償)を改めて締結します。
*オプション契約とは、実施権の予約権を付与するための契約です。

ケースA
オプション契約は行わず、実施許諾契約(有償)を締結します。

ケースB
オプション契約(有償)、実施許諾契約(有償)を行いながら、発明者との共同研究契約(有償)を締結します。
また、必要に応じて、官公庁系競争的研究資金制度に大学と企業で共同提案を行い、関西TLOが研究資金獲得の支援を行います。
さらに、要望があれば、関西TLOが川上・川下企業とのマッチングを行い、大学の研究成果の事業化をプロデュースします。

ケースC
特許権を企業側に譲渡(有償)します。
発明者や出願人が承認した場合に譲渡されます。
また一部、出願前譲渡(有償)も行っています。

その他、いろいろなケースがあります。
関西TLOまでお気軽にお問い合わせください。
TEL.075-761-7680
メールフォームによるお問い合わせはこちらから